ISTP(巨匠)

ISTPあるあるってなに?同じタイプなら共感できることについて徹底解説!

ISTPとは、MBTIという性格診断で、内向的(I)、感覚的(S)、思考的(T)、知覚的(P)の4つの特徴を持つ性格タイプです。

ISTPは巨匠型と呼ばれ、現実的で合理的な思考を持ち、手に職を持つことや実践的な活動に傾倒している人たちです。

では、ISTPあるあるってなにでしょうか?

また、ISTPの人が共感できることや、他のタイプの人が理解しにくいことは何でしょうか?

この記事では、ISTPのあるあるや特徴について詳しく解説していきます。

ISTPのあるある①現実的で物事をそのまま受け止める

ISTPは、現実的で物事をそのまま受け止める人が多いです。彼らは、感情や主観よりも事実や論理を重視します。
彼らは、物事の本質や原理を理解しようとし、客観的に分析したり、効率的に解決したりします。
また、彼らは、自分の感情に左右されずに、冷静に物事を判断できます。

ISTPのあるある②感情的な人や話に対応できない

ISTPは、感情的な人や話に対応できない人が多いです。彼らは、自分の感情をあまり表に出さないことが多く、感情に流されることもありません。
そのため、ISTPは、相手の感情を理解できなかったり、自分の感情を伝えられなかったりすることがあります。
また、ISTPは、感情的な話に興味がなかったり、疲れたりすることがあります。

ISTPのあるある③ルーティンワークや細かい作業が苦手

ISTPは、ルーティンワークや細かい作業が苦手な人が多いです。彼らは、変化のない作業に飽きやすく、目的や意味を見出せないことにストレスを感じます。
また、彼らは、細部にこだわることが苦手で、整理整頓やスケジュール管理などができません。

ISTPのあるある④自分のペースで行動する

ISTPは、自分のペースで行動する人が多いです。彼らは、独立心が強く、自由と柔軟性を重視します。
彼らは、周りに合わせずに、必要であれば一人で行動することができます。
また、彼らは、自分の興味や判断に基づいて、自分のやり方で物事を進めます。

ISTPのあるある⑤新しいことに挑戦するのが好き

ISTPは、新しいことに挑戦するのが好きな人が多いです。彼らは、好奇心旺盛で新しい情報を探索することが好きです。
彼らは、自分の能力や限界を試すことに興味があり、リスクのある新しいチャレンジを好みます。
また、彼らは、創造的で独創的な発想を持ち、新しいものを生み出すことができます。

ISTPのあるある⑥機械や道具を扱うのが得意

ISTPは、機械や道具を扱うのが得意な人が多いです。彼らは、手先が器用で、物事を分解して、以前より少し良い形に再度組み立てることに極めて大きな喜びを感じます。
彼らは、エンジニアや整備士として何かを分析したり、トラブルシューティングや試行錯誤をしたりするのを楽しみます。
また、彼らは、道具や機械を使って、自分のプロジェクトを実現することができます。

ISTPのあるある⑦冷静で無愛想に見られることが多い

ISTPは、冷静で無愛想に見られることが多い人が多いです。彼らは、自分の感情を表に出さないことが多く、無表情や無口になりがちです。
彼らは、自分の内面世界に没頭することが多く、物事を抽象的に考える傾向があります。そのため、ISTPは、周りの人に捉えどころがないと感じられることがあります。
また、彼らは、自分の考えや感情を明確に整理し、根拠や理由を示して伝えることができますが、相手の感情に配慮することが苦手です。

ISTPのあるある⑧衝動買いをすることがある

ISTPは、衝動買いをすることがある人が多いです。彼らは、瞬間的な欲求を満たすため、大金をはたくこともあります。
彼らは、買い物をする際は基本的に必要かどうかで決めますが、自分の興味や好奇心を刺激するものに出会ったときには、思わず手に取ってしまうことがあります。
また、彼らは、自分の興味や好奇心を刺激するものに出会ったときには、思わず手に取ってしまうことがあります。
また、彼らは、自分のやりたいことをやることが好きで、自分のペースで行動することが多いので、予算や計画を守ることが苦手です。

ISTPのあるある⑨興味のあることには没頭する

ISTPは、興味のあることには没頭する人が多いです。彼らは、自分の興味のある分野についてはとことん調べたり、勉強したりします。
彼らは、自分の能力や限界を試すことに興味があり、リスクのある新しいチャレンジを好みます。
また、彼らは、自分のプロジェクトや趣味に夢中になることがあります。

ISTPのあるある⑩友人は少ないが深い

ISTPは、友人は少ないが深い人が多いです。彼らは、自分の内面をあまり表に出さないことが多く、人との付き合いに消極的です。
彼らは、自分の時間や空間を大切にし、一人でいることにも抵抗がありません。
しかし、ISTPは、自分と価値観や興味が合う相手であれば、親しくなることができます。
彼らは、友人に対しては、信頼や忠誠を示し、助け合うことができます。

ISTPのあるある⑪自分の考えや感情を表に出さない

ISTPは、自分の考えや感情を表に出さない人が多いです。彼らは、自分の感情をコントロールすることができ、無表情や無口になりがちです。
彼らは、自分の考えや感情を明確に整理し、根拠や理由を示して伝えることができますが、相手の感情に配慮することが苦手です。
また、彼らは、自分の考えや感情を他人に理解してもらいたいと思う一方で、自分からはなかなか表現しないこともあります。

ISTPのあるある⑫相手の事を思って批判することがある

ISTPは、相手の事を思って批判することがある人が多いです。彼らは、物事を客観的に分析し、効率的に解決することが得意です。
彼らは、相手の問題や改善点に対して、自分の考えやアドバイスを率直に言うことができます。
しかし、ISTPは、自分の批判が相手にとって有益だと思っていても、相手にとっては不快だと感じられることがあります。
また、ISTPは、相手の批判に対しても冷静に対処できますが、感情的になる相手には困惑することがあります。

ISTPのあるある⑬面倒なことが起こっても中立を保つ

ISTPは、面倒なことが起こっても中立を保つ人が多いです。彼らは、自分の感情に左右されずに、冷静に物事を判断できます。
彼らは、自分の意見や立場を主張することはあまりありませんが、他人の意見や立場にも従うことはありません。
また、彼らは、自分の関係ないことには興味がなく、自分のやりたいことをやることが多いです。

ISTPのあるある⑭話も文章もシンプルにする

ISTPは、話も文章もシンプルにする人が多いです。彼らは、物事をそのままの形で見ることを好み、感情や主観よりも事実や論理を重視します。
彼らは、自分の考えや感想を率直に言うことができますが、余計な言葉や飾りは省きます。
また、彼らは、話も文章も簡潔にまとめることができますが、細かい説明や例えは省きます。

ISTPのあるある⑮必要性を感じない場合はメールを返信しない

ISTPは、必要性を感じない場合はメールを返信しない人が多いです。彼らは、自分のペースで行動することが好きで、自由と柔軟性を重視します。
彼らは、自分の興味や判断に基づいて、自分のやり方で物事を進めます。
そのため、ISTPは、自分にとって必要性や緊急性のないメールに対しては、返信するのが面倒に感じることがあります。
また、彼らは、メールの内容に対しても、シンプルに返信することが多いです。

ISTPあるあるってなに?同じタイプなら共感できることについて徹底解説!まとめ

ISTPのあるあるは、現実的で物事をそのまま受け止める、感情的な人や話に対応できない、ルーティンワークや細かい作業が苦手、自分のペースで行動する、新しいことに挑戦するのが好き、機械や道具を扱うのが得意、冷静で無愛想に見られることが多い、衝動買いをすることがある、興味のあることには没頭する、友人は少ないが深い、自分の考えや感情を表に出さない、相手の事を思って批判することがある、面倒なことが起こっても中立を保つ、話も文章もシンプルにする、必要性を感じない場合はメールを返信しないなどが挙げられます。これらのあるあるは、ISTPの性格や特徴を表しています。

ISTPのあるあるを知ることで、彼らの行動や考え方の癖について理解し、共感することができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。