16タイプ性格診断

【MBTIで見る生きづらさランキング】16タイプ別の理由と対策について徹底解説!

 MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーターの略で、人の性格や行動の傾向を16のタイプに分類するものです。

MBTIは、自分や他人の個性を理解するための有用なツールですが、同時に、自分のタイプによって生きづらさを感じることもあるかもしれません。

この記事では、MBTIの16タイプごとの生きづらさをランキング形式で紹介し、その理由と対策を解説します。

MBTIで嫌われるランキング!性格悪いタイプはどれ?SNSの声も紹介

【MBTIで見る生きづらさランキング】MBTIの16タイプとは?

【MBTIで見る生きづらさランキング】MBTIの16タイプとは?

MBTIの16タイプは、以下の4つの軸によって決まります。

  • 内向(I)か外向(E)か:自分のエネルギーの源は内側にあるのか外側にあるのか
  • 感覚(S)か直感(N)か:情報を受け取るときに具体的な事実に着目するのか抽象的な概念に着目するのか
  • 思考(T)か感情(F)か:判断するときに論理や原理に基づくのか価値や感情に基づくのか
  • 判断(J)か知覚(P)か:物事を計画的に進めるのか柔軟に対応するのか

これらの組み合わせによって、以下の16タイプが生まれます。

  • ISTJ(管理者型):真面目で責任感が強く、論理的で実践的な人
  • ISFJ(擁護者型):優しくて忠実で、誠実で実直な人
  • INFJ(提唱者型):理想主義で独創的で、洞察力が深い人
  • INTJ(建築家型):知性が高くて独立心が強く、戦略的で創造的な人
  • ISTP(巨匠型):冷静で合理的で、技術的で実用的な人
  • ISFP(冒険家型):感性が豊かで自由奔放で、芸術的で個性的な人
  • INFP(仲介者型):理想主義で情熱的で、想像力が豊かな人
  • INTP(論理学者型):知的で好奇心旺盛で、論理的で分析的な人
  • ESTP(起業家型):行動的で大胆で、現実的で合理的な人
  • ESFP(エンターテイナー型):社交的で陽気で、楽観的で適応力が高い人
  • ENFP(広報運動家型):熱狂的で魅力的で、多彩で創造的な人
  • ENTP(討論者型):発明的で知的で、挑戦的で斬新な人
  • ESTJ(幹部型):決断力が高くてリーダーシップが強く、組織的で効率的な人
  • ESFJ(領事官型):協調性が高くて気配りができて、献身的で忠実な人
  • ENFJ(主人公型):魅力的で影響力が強く、理想的で情熱的な人
  • ENTJ(指揮官型):自信が高くて野心的で、戦略的で指導的な人

MBTIの生きづらさランキング

MBTIの生きづらさランキング

それでは、MBTIの16タイプごとの生きづらさランキングを発表します。このランキングは、以下のような基準に基づいて作成しました。

  • 自己肯定感の高さ:自分の価値や能力を認めることができるか
  • 社会適応力の高さ:周囲の人や環境に対応することができるか
  • ストレス耐性の高さ:困難や不安に対処することができるか

このランキングは、一般的な傾向に基づいていますので、個人の経験や感じ方には違いがあるかもしれません。また、生きづらさは必ずしも悪いことではなく、自分の個性や強みとして活かすこともできます。ランキングの順位にとらわれず、自分のタイプについて深く理解することが大切です。

※このランキングは一般的な傾向を示すものであり、個人差があることをご理解ください。

ランキング MBTIタイプ 生きづらさの理由
1位 INFP(仲介者型) 理想と現実のギャップに苦しむ
2位 INFJ(提唱者型) 理解されにくい孤独感に悩む
3位 INTJ(建築家型) 高い期待との戦いに疲れる
4位 INTP(論理学者型) 非論理的な世界への適応に苦労する
5位 ENFP(広報運動家型) 理想と現実のバランスを取るのが難しい
6位 ENFJ(主人公型) 他者への過剰な配慮に疲弊する
7位 ENTJ(指揮官型) 自己主張と人間関係の葛藤に悩む
8位 ENTP(討論者型) 豊かなアイデアと具体的な行動計画の欠如に苦しむ
9位 ISFP(冒険家型) 個性と社会の調和の難しさに直面する
10位 ISFJ(擁護者型) 内面的な苦悩の蓄積に苦しむ
11位 ISTJ(管理者型) 変化への適応の困難に直面する
12位 ISTP(巨匠型) 感情的コミュニケーションの難しさに悩む
13位 ESFP(エンターテイメント) 自己管理や自己規律の難しさに悩む
14位 ESFJ(領事官型)  自分の感情や欲求の抑圧に苦し
15位 ESTP(起業家型) 衝動的な行動やトラブルの発生に苦しむ
16位 ESTJ(幹部型 自分の意見や判断の正しさに固執することに苦しむ

 

MBTIの生きづらさに対する対策

MBTIの生きづらさに対する対策は、以下のようなものが考えられます。

  • 自分のタイプを理解する:自分のタイプを理解することで、自分の強みや弱み、長所や短所を客観的に把握することができます。自分のタイプに合った生き方や働き方を見つけることで、自分の能力や価値を発揮することができます。自分のタイプに誇りを持ち、自分の個性や特徴を活かすことができます。
  • 他人のタイプを理解する:他人のタイプを理解することで、他人の個性や行動の傾向を客観的に把握することができます。他人のタイプに合ったコミュニケーションや関係性を築くことで、人間関係をスムーズにすることができます。他人のタイプに尊重や理解を示し、他人の個性や特徴を認めることができます。
  • 自分と他人のタイプの違いを受け入れる:自分と他人のタイプの違いを受け入れることで、自分や他人に対する偏見や先入観を減らすことができます。自分と他人のタイプの違いは、互いに補い合うことができるものです。自分と他人のタイプの違いを受け入れることで、多様性や個性を尊重することができます。

MBTIの生きづらさに関するSNS投稿

  • MBTI診断生きづらさランキング1位の仲介者私に面白さランキング1位の運動家サンタさんが言った言葉 「大丈夫生きづらくてもちょっとは楽しくしてやるよ」
  • 今さらながらのMBTI診断 私のタイプは(INTJ 建築家) 全人口のうち 女性は0.8%しかいないとか 今までの生きづらさの根源が なんとなくわかった気がする…

【MBTIで見る生きづらさランキング】16タイプ別の理由と対策について徹底解説!まとめ

MBTIの16タイプごとの生きづらさをランキング形式で紹介し、その理由と対策を解説しました。

MBTIは、自分や他人の個性を理解するための有用なツールですが、同時に、自分のタイプによって生きづらさを感じることもあるかもしれません。

MBTIの生きづらさに対する対策は、自分のタイプを理解することや他人のタイプを理解することや自分と他人のタイプの違いを受け入れることです。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。