ESFP(エンターテイナー)

ESFP-aと相性の良いタイプは?MBTIで見る恋愛や友情、仕事での関係について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的ツールです。

MBTIでは、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、適職や恋愛傾向などを理解することができます。また、他人の性格タイプを知ることで、人間関係の構築やコミュニケーションの改善に役立ちます。

この記事では、MBTIの中でも最も社交的で感性豊かなタイプであるESFP-aと相性の良いタイプについて紹介します。

【相性】ESFP-aとは?

【相性】ESFP-aとは?

ESFP-aとは、外向的で感覚的で感情的で知覚的なタイプで、人との交流や楽しみを求めるのが好きなタイプです。ESFP-aは、以下のような特徴を持っています。

  • 社交的で、人と接することを好む
  • 感性豊かで、表現力がある
  • 柔軟性があり、変化に対応できる
  • 自由奔放で、束縛や制約を嫌う
  • 感情豊かで、自分の気持ちを表に出す

ESFP-aは、自分の周囲の人々と楽しく過ごすことが多く、常に新しいことにチャレンジします。しかし、その一方で、自信がありすぎて自己評価が高い傾向もあります。ESFP-aは、自分の感情に左右されないように自制心を持ち、ストレスに強いです。

ESFP-a恋愛での相性

ESFP-a恋愛での相性

ESFP-aは、恋愛においても人とのつながりや楽しさを重視します。

パートナーには、自分の気持ちを受け止めてくれたり、一緒に冒険したり、刺激を与えてくれたりする人を求めます。しかし、自信がありすぎて自己中心的になったり、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じたりすることもあります。そのため、パートナーには、誠実さや気遣い、忍耐力も必要です。ESFP-aと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ENFJ-a:ESFP-aと同じく外向的で直感的で感情的で判断的なタイプで、理想主義的で感情豊かで、影響力のあるタイプです。ENFJ-aは、ESFP-aの感情を共感してくれたり、創造的なアイデアや冒険心で楽しませてくれたりします。また、ENFJ-aは、直感的に物事を捉えるため、ESFP-aの行動や思考に寛容で理解しやすいです。しかし、ENFJ-aはa(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、批判的だったりすることがあります。そのため、お互いに尊重し合う必要があります。
  • ISFP-t:ESFP-aとは逆に内向的で感覚的で感情的で知覚的なタイプで、職人肌で平和主義で、美的感覚のあるタイプです。ISFP-tは、ESFP-aの感情を優しく受け止めてくれたり、感性豊かな遊びや冒険で盛り上げてくれたりします。また、ISFP-tは、現実的に物事を整理するため、ESFP-aの行動や思考に秩序や安定感を与えてくれます。しかし、ISFP-tはt(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いに支え合う必要があります。

ESFP-a友情での相性

ESFP-a友情での相性

ESFP-aは、友情においても人とのつながりや楽しさを重視します。

友人には、自分の話を聞いてくれたり、一緒に遊んだり、笑わせてくれたりする人を求めます。しかし、自信がありすぎて自己中心的になったり、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じたりすることもあります。そのため、友人には、誠実さや気遣い、忍耐力も必要です。ESFP-aと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ESTJ-a:ESFP-aと同じく外向的で感覚的で判断的なタイプで、使命感や責任感が強くて実直で、どんな仕事も真面目に取り組むタイプです。ESTJ-aは、ESFP-aの話を楽しく聞いてくれたり、行動的な遊びや冒険で盛り上げてくれたりします。また、ESTJ-aは、論理的に物事を分析するため、ESFP-aの悩みや問題に対して的確なアドバイスをしてくれます。しかし、ESTJ-aはa(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、厳格だったりすることがあります。そのため、お互いに気を配る必要があります。
  • INFP-t:ESFP-aとは逆に内向的で直感的で感情的で知覚的なタイプで、理想主義的で感情豊かで、美的感覚のあるタイプです。INFP-tは、ESFP-aの話を真剣に聞いてくれたり、深い理解や共感を示してくれたりします。また、INFP-tは、理想的に物事を見るため、ESFP-aの夢や目標に対して応援や励ましをしてくれます。しかし、INFP-tはt(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いにサポートし合う必要があります。

ESFP-a仕事での相性

ESFP-a仕事での相性

ESFP-aは、仕事においても人とのつながりや楽しさを重視します。

同僚や上司には、自分の意見や感情を尊重してくれたり、一緒に協力したり、ユーモアを交えてくれたりする人を求めます。しかし、自信がありすぎて自己中心的になったり、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じたりするこ

ESFP-aと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ENTJ-a:ESFP-aと同じく外向的で直感的で思考的で判断的なタイプで、リーダーシップや決断力が強くて野心的で、どんな仕事も効率的にこなすタイプです。ENTJ-aは、ESFP-aの意見や感情を尊重してくれたり、創造的なアイデアや挑戦で刺激してくれたりします。また、ENTJ-aは、論理的に物事を解決するため、ESFP-aの仕事や課題に対して効果的な方法を提案してくれます。しかし、ENTJ-aはa(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、支配的だったりすることがあります。そのため、お互いにバランスを取る必要があります。
  • ISTP-t:ESFP-aとは逆に内向的で感覚的で思考的で知覚的なタイプで、職人肌で冷静で、どんな問題も分析して解決するタイプです。ISTP-tは、ESFP-aの意見や感情を真摯に受け止めてくれたり、技術的なスキルや知識でサポートしてくれたりします。また、ISTP-tは、現実的に物事を整理するため、ESFP-aの仕事や課題に対して明確な目標や期限を設定してくれます。しかし、ISTP-tはt(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いに気を配る必要があります。

ESFP-aと相性の良いタイプは?MBTIで見る恋愛や友情、仕事での関係について徹底解説!まとめ

以上、ESFP-a仕事での相性について紹介しました。ESFP-aは、仕事においても人とのつながりや楽しさを重視します。

同僚や上司には、自分の意見や感情を尊重してくれたり、一緒に協力したり、ユーモアを交えてくれたりする人を求めます。しかし、自信がありすぎて自己中心的になったり、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じたりすることもあります。そのため、同僚や上司には、誠実さや気遣い、忍耐力も必要です。ESFP-aと相性の良いタイプは、ESFP-aの感情を受け止めてくれたり、刺激を与えてくれたりするタイプや、安定感や理解力、忍耐力を持つタイプが良いと言えます。

ESFP-aは、自分の感情に左右されないように注意しながら、仕事を楽しむことができるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)