ESTP(起業家)

ESTPはサイコパスなのか?性格が悪いと言われてしまう性格や適性を徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

MBTIでは、人の性格は4つの指標によって決まります。 それぞれの指標は、2つの対立する傾向のうちどちらに近いかで表されます。 4つの指標は以下の通りです。

  • 外向性(E)と内向性(I)
  • 感覚(S)と直感(N)
  • 思考(T)と感情(F)
  • 判断(J)と知覚(P)

MBTIでは、これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが定義されます。 例えば、外向性・感覚・思考・知覚のタイプはESTPと呼ばれます。

この記事では、MBTIの性格タイプの中でも、ESTPについて詳しく見ていきます。 ESTPは、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。

しかし、ESTPはよく「性格が悪い」とか「サイコパス」と言われています。 これは本当なのでしょうか? ESTPはどのような性格を持ち、どのような魅力を発揮するのでしょうか?

本記事ではまず、ESTPの性格や適性について解説します。 その上で、ESTPとサイコパスの比較を行い、彼らの類似点や違いを明らかにしていきます。

最後に、ESTPの恋愛傾向や有名人の例についても紹介します。

ESTPの性格

ESTPの性格

ESTPは、MBTI理論における16のパーソナリティタイプの一つで、”起業家型”とも称されます。

特性としては、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。 また、ESTPの人々はこうした特性から、一見すると大胆不敵で、行動力があり、リーダーシップを発揮することが多く見受けられます。 しかし、他人の感情には鈍感で、長期計画を立てるのが苦手な一面もあります。

ESTPの長所

  • 行動力と即決力がある
  • 問題解決能力が高い
  • カリスマ性がある
  • 新しい経験や冒険を楽しむ
  • 人と接するのが得意

ESTPは、行動力と即決力があります。 彼らは迷うことなく、自分の直感や感覚に従って行動します。 また、問題解決能力が高く、現実的で具体的な解決策を見つけることができます。 さらに、カリスマ性があります。 彼らは人を惹きつける独特の魅力を持ち、周囲の人々を引っ張っていくことができます。 ESTPは、新しい経験や冒険を楽しみます。 彼らは常に刺激や変化を求めており、退屈なことには耐えられません。 また、人と接するのが得意です。 彼らは社交的で、コミュニケーション能力が高いです。

ESTPの短所

  • 感情的な問題に対する理解が乏しい
  • 長期計画を立てるのが苦手
  • 自分の意見や要望を強く主張する
  • ルールや慣習を無視することがある
  • 過度にリスクを好む

ESTPは、感情的な問題に対する理解が乏しいです。 彼らは自分や他人の感情にあまり関心がなく、それが利己的な行動に繋がることもあります。 また、長期計画を立てるのが苦手です。 彼らは現在の状況に応じて行動することを好むため、将来のことを考えることが少ないです。 さらに、自分の意見や要望を強く主張することがあります。 彼らは自分の考えや感覚に自信があり、それを押し通そうとすることが多いです。 ESTPは、ルールや慣習を無視することがあります。 彼らは自分のやり方や判断を優先するため、常識や社会的な規範を守ることが苦手です。 また、過度にリスクを好みます。 彼らはスリルや挑戦を求めて、危険なことに手を出すことがあります。

ESTPとサイコパスの比較

ESTPとサイコパスの比較

ESTPとサイコパスは、一見するといくつかの類似点が見られます。

例えば、両者とも社交的で、新たな経験や冒険を楽しむ傾向があると言えます。 また、周囲の状況に即座に適応する能力を持ち、リーダーシップを発揮することが多いです。

しかし、これらの特性は表面的なものであり、深層部分では大きな違いがあります。 ESTPとサイコパスの最大の違いは、他者への共感の有無です。 ESTPは現実的な価値観を持ち、社会的なルールを尊重します。 一方、サイコパスは道徳的な規範を無視し、他者の感情に無関心です。

ESTPとサイコパスの類似点

ESTPとサイコパスの類似点
  • 社交的で、人と接するのが得意
  • 新しい経験や冒険を楽しむ
  • 即応性が高く、状況に応じて行動する
  • リーダーシップがある

ESTPとサイコパスは、社交的で、人と接するのが得意です。 彼らはコミュニケーション能力が高く、人を惹きつける魅力を持っています。

  • 恋愛スタイルは、消極的で、慎重で、献身的
  • 恋愛の目的は、パートナーとの安定した関係を築くこと
  • 恋愛の魅力は、パートナーに対する忠実さや優しさ、支える力

ESTPは、恋愛において、消極的で、慎重で、献身的です。 彼らは自分の感情をあまり表に出さないので、恋愛に積極的になることが少ないです。 しかし、一度恋に落ちると、パートナーに対して忠実で、優しく、支えるように接します。 また、パートナーとの安定した関係を築くことを目指します。 彼らはパートナーに信頼や安心感を与えることができます。

サイコパス?ESTPと仕事

サイコパス?ESTPと仕事

ESTPは、仕事において、以下のような傾向があります。

  • 仕事の選択は、自分の行動力や即応性に合った仕事をすること
  • 仕事のスタイルは、能動的で、柔軟で、リアルタイム
  • 仕事の目標は、自分の能力や成果を発揮すること
  • 仕事の魅力は、自分の判断や選択に自信を持つこと

ESTPは、仕事において、自分の行動力や即応性に合った仕事を選びます。 彼らは自分の直感や感覚に従って、迅速に行動することを好みます。 また、仕事において、能動的で、柔軟で、リアルタイムに取り組みます。 自分の状況に応じて、最適な方法を見つけることができます。 さらに、仕事において、自分の能力や成果を発揮することを目指します。 自分の判断や選択に自信を持ち、周囲の人々に影響を与えることができます。

サイコパス?ESTPの向いている職業や役割

サイコパス?ESTPの向いている職業や役割

ESTPは、自分の特徴を生かして、様々な職業や役割に向いています。 特に、自分の行動力や即応性を発揮できる職業や役割に向いています。 ESTPの向いている職業や役割は以下の通りです。

  • 営業やマーケティングや広告などの人と交渉する職業
  • 救急医療や消防や警察などの緊急事態に対応する職業
  • スポーツや芸能や芸術などの自分の才能を発揮する職業
  • 起業家や経営者やコンサルタントなどの自分の判断や選択に責任を持つ役割
  • リーダーやスポークスパーソンやモチベーターなどの人を引っ張る役割

ESTPは、自分の特徴を活かして、人と交渉することや緊急事態に対応することや自分の才能を発揮することなどに向いています。 自分の行動力や即応性を発揮します。

ESTPはサイコパスなのか?性格が悪いと言われてしまう性格や適性を徹底解説!まとめ

ESTPは、MBTI理論における16のパーソナリティタイプの一つで、”起業家型”とも称されます。 特性としては、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。

しかし、ESTPはよく「性格が悪い」とか「サイコパス」と言われています。 これは本当なのでしょうか? ESTPとサイコパスの最大の違いは、他者への共感の有無です。 ESTPは現実的な価値観を持ち、社会的なルールを尊重します。 一方、サイコパスは道徳的な規範を無視し、他者の感情に無関心です。

本記事ではまず、ESTPの性格や適性について解説しました。 その上で、ESTPとサイコパスの比較を行い、彼らの類似点や違いを明らかにしました。 最後に、ESTPの恋愛傾向や有名人の例についても紹介しました。

ESTPは、自分の行動力や即応性を発揮できる職業や役割に向いています。 彼らは自分の判断や選択に自信を持ち、周囲の人々に影響を与えることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。