ESTP(起業家)

ESTPの性格は本当に悪いのか?その真相と対処法について徹底解説!

ESTPとは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)という性格分類法で、外向的・感覚的・思考的・柔軟なタイプの人を指します。

ESTPは、行動力があり、冒険好きで、現実的で、合理的な人です。

しかし、ESTPには、性格が悪いと言われることも多くあります。

なぜESTPは性格が悪いと言われるのでしょうか?

そして、ESTPと上手く付き合うにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、ESTPの性格の特徴と長所・短所、そしてESTPとのコミュニケーションのコツを紹介します。

ESTPの性格の特徴と長所・短所

ESTPの性格の特徴と長所・短所

ESTPは、以下のような性格の特徴を持っています。

  • 行動力があり、目の前の問題に即座に対応します。
  • 冒険好きで、新しいことに挑戦するのが好きです。
  • 現実的で、具体的な事実や経験に基づいて判断します。
  • 合理的で、論理的に物事を分析します。
  • 柔軟で、状況に応じて自分の態度や行動を変えます。
  • 人と話すのが得意で、場を盛り上げるのが上手です。
  • 自信があり、自分の意見や感情をはっきりと表現します。

ESTPの性格の長所は、以下のようなものがあります。

  • 危機管理能力が高く、困難な状況でも冷静に対処できます。
  • 創造力が豊かで、既存の枠にとらわれずに新しいアイデアを出せます。
  • 決断力があり、迷わずに行動に移せます。
  • リーダーシップがあり、人を引っ張っていけます。
  • 楽観的で、ポジティブな姿勢で物事に取り組めます。
  • 社交的で、人との関係を広げやすく、人気者になれます。
  • 自立心が強く、自分の人生を自分で切り開けます。

一方、ESTPの性格の短所は、以下のようなものがあります。

  • 規則や約束を守るのが苦手で、自分のやりたいことを優先します。
  • 計画性や継続性がなく、目先の楽しみに流されやすいです。
  • 感情的な面や人間関係の面を軽視し、他人の気持ちを傷つけることがあります。
  • 批判や反対に対して敏感で、自分の正しさを主張しすぎることがあります。
  • 頑固で、自分の考えややり方を変えるのが嫌いです。
  • 飽きっぽく、興味がなくなるとすぐに投げ出すことがあります。
  • 自己中心的で、自分の利益や欲求を優先します。

ESTPが性格悪いと言われてしまう理由1. 計画性がなく、衝動的に行動する

ESTPは、状況に応じて機敏に対応し、柔軟な思考を持つことが特徴です。

しかし、この特徴が裏目に出て、計画性がなく、衝動的に行動することがあります。例えば、綿密な計画を立てずに大きな買い物をしてしまい、後で後悔することがあります。また、長期的な計画や目標設定に苦手意識を持ち、短期的な成功に集中し過ぎることがあります。このように、ESTPは時に自分の行動や決断に対して自己評価が厳しく、自己疑念に陥りやすい傾向があります。

対処法としては、以下のようなことが挙げられます。

– 自分の行動や決断に対して、客観的に振り返ること。自分の強みや弱みを認識し、改善点を見つけること。
– 長期的な計画や目標を立てること。自分のやりたいことやなりたい自分を明確にし、具体的な行動計画を作ること。
– 周囲の人に意見やアドバイスを求めること。自分の考えに偏らないように、他人の視点や経験を参考にすること。

ESTPが性格悪いと言われてしまう理由2. 考慮が不足していることも

ESTPはリスクを取ることを厭わないため、時に考慮不足で危険な選択をしてしまうことがあります。

例えば、未知の市場に飛び込む際に、十分なリサーチをせずに失敗することがあります。また、自分のやり方が正しいと思い込み、他人の意見や感情を無視することがあります。このように、ESTPは時に自分の判断に自信過剰になり、周囲との摩擦を招くことがあります。

対処法としては、以下のようなことが挙げられます。

– 自分の行動や決断に対して、事前にリスク分析を行うこと。可能な限り情報を収集し、メリットとデメリットを比較検討すること。
– 他人の意見や感情を尊重すること。自分の考えだけでなく、他人の視点やニーズも考慮すること。
– 自分のやり方に固執しないこと。柔軟に対応し、状況に応じて最適な方法を選択すること。

ESTPが性格悪いと言われてしまう理由3. ルールや権威に反発する

ESTPは自由を重んじ、ルーティーンワークや単調な作業を避ける傾向にあります。

彼らは、規則は破られるために作られていると考えることがあります。例えば、学校や職場での規則や指示に従わず、自分のやりたいことを優先することがあります。また、権威に対しても反発しやすく、自分の考えに反する人には反論することがあります。このように、ESTPは時に自分の倫理観が理にかなっていると思い込み、不評を買うこともあります。

対処法としては、以下のようなことが挙げられます。

– 自分の行動や決断に対して、社会的な責任や影響を考えること。自分の自由や利益だけでなく、他人や組織の利益も考慮すること。
– 規則や指示に従うこと。自分のやりたいことをする前に、必要なことを済ませること。
– 権威に対しても敬意を持つこと。自分の考えに反する人にも、尊重や理解を示すこと。

ESTPとのコミュニケーションのコツ

ESTPと上手く付き合うには、以下のようなコミュニケーションのコツがあります。

  • ESTPは、直接的で率直な言葉が好きです。遠回しに言ったり、ぼかしたりすると、信頼されません。ESTPに話しかけるときは、はっきりと自分の意見や要求を伝えましょう。
  • ESTPは、具体的で現実的な話が好きです。抽象的な話や理論的な話には興味がありません。ESTPに話すときは、事実や経験に基づいた話をしましょう。
  • ESTPは、新しいことや刺激的なことが好きです。同じことの繰り返しや退屈なことには飽きます。ESTPに話すときは、変化や挑戦を提案しましょう。
  • ESTPは、自分の感情や価値観を尊重してほしいと思っています。ESTPの考えや行動を否定したり、批判したりすると、反発します。ESTPに話すときは、理解や賞賛を示しましょう。
  • ESTPは、人との交流が好きです。ESTPと話すときは、楽しくやりとりしましょう。ESTPのユーモアや冗談に笑ってあげたり、自分の面白い話をしたりしましょう。

ESTPの性格は本当に悪いのか?その真相と対処法について徹底解説!まとめ

ESTPは、行動力があり、冒険好きで、現実的で、合理的な人です。

しかし、ESTPには、性格が悪いと言われることも多くあります。

ESTPの性格の長所と短所を理解し、コミュニケーションのコツを使えば、ESTPとの関係は良好になります。

ESTPは、自分のやり方に自信がありますが、他人の意見や感情も尊重できるようになれば、さらに魅力的な人になれます。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。