ESTP(起業家)

ESTP-Tの性格とは?長所・短所・相性・適職について徹底解説

ESTP-Tとは、MBTI診断でいうところの「起業家型」の一種です。

MBTI診断とは、自分の性格タイプを知ることができる心理学的なツールです。

MBTI診断では、全16タイプの性格に分類され、それぞれに長所や短所、相性や適職などがあります。

ESTP-Tの性格とは、どのようなものなのでしょうか。

また、ESTP-Tは、仕事や恋愛において、どのような行動や思考をするのでしょうか。

ESTP-Tの魅力をたっぷりとお伝えします。

ESTP-Tの性格は感情の起伏が激しく、自己評価が厳しい

ESTP-Tの性格は感情の起伏が激しく、自己評価が厳しい

ESTP-Tの性格は、MBTIが示すように、「感情の起伏が激しく、自己評価が厳しい」という特徴を持っています。

ESTP-Tは、比較的感情の起伏が激しいことが特徴です。
彼らは、自己の行動や決断に対して自己評価が厳しく、しばしば自己疑念に陥りやすい傾向があります。
また、周囲の意見や評価に敏感であり、他人からのフィードバックを重視することが多いです。
ESTP-Tは、以下のような特徴を持っています。

  • 活発でエネルギッシュで、刺激や冒険を求める
  • 現実的で合理的に物事を判断し、即座に行動に移す
  • 好奇心旺盛で、新しいことや面白いことに興味を持つ
  • 社交的でフレンドリーで、人との交流を楽しむ
  • 挑戦や競争を好み、自分の能力を試したり向上させたりする
  • 感情の起伏が激しく、気分や状況によって変わりやすい
  • 自己評価が厳しく、自分に自信が持てなかったり不安になったりする
  • 周囲の意見や評価に敏感で、他人からのフィードバックを求めたり気にしたりする

【性格】ESTP-Tの長所と短所

【性格】ESTP-Tの長所と短所

ESTP-Tの性格は、長所と短所がはっきりと分かれています。
ESTP-Tの長所と短所は、以下のようになります。

ESTP-Tの長所

  • 行動力がある
  • 臨機応変に対応できる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 創造性や革新性がある
  • 学習意欲が強い

ESTP-Tの長所は、行動力や臨機応変さ、コミュニケーション能力などです。
彼らは、自分の考えや意見をはっきりと主張し、即座に行動に移すことができます。
また、彼らは、状況や問題に応じて、柔軟に対応することができます。
彼らは、社交的でフレンドリーで、人との交流を楽しむことができます。
さらに、彼らは、創造性や革新性があり、新しいアイデアや方法を考えることができます。
そして、彼らは、学習意欲が強く、常に自分の知識や能力を向上させることを目指します。

ESTP-Tの短所

  • 感情的になりやすい
  • 飽き性で集中力がない
  • 約束やルールを守らない
  • 無神経で他人の気持ちを考えない
  • 衝動的で危険な行動をする

ESTP-Tの短所は、感情的さや飽き性、無神経さなどです。
彼らは、感情の起伏が激しく、気分や状況によって変わりやすいです。
また、彼らは、飽き性で集中力がなく、同じことに長く続けることができません。
彼らは、約束やルールを守らなかったり、自分の都合で変えたりすることがあります。
さらに、彼らは、無神経で他人の気持ちを考えなかったり、傷つけたりすることがあります。
そして、彼らは、衝動的で危険な行動をしたり、トラブルに巻き込まれたりすることがあります。

【性格】ESTP-Tと相性の良いタイプは?

【性格】ESTP-Tと相性の良いタイプは?

ESTP-Tと相性の良いタイプは、MBTI診断の結果から見ると、以下のようになります。

  • ESTP-Tと相性の良いタイプ:ESTP(起業家型)、ISTP(探検家型)、ESFP(エンターテイナー型)、ISFP(冒険家型)
  • ESTP-Tと相性の悪いタイプ:INFJ(提唱者型)、ENFJ(主人公型)、INFP(仲介者型)、ENFP(広報運動家型)

ESTP-Tと相性の良いタイプは、彼らと同じ感覚型で、感情型のタイプです。
彼らは、ESTP-Tの活発でエネルギッシュな性格に理解を示し、一緒に楽しく過ごすことができます。
例えば、ESTPやISTPは、ESTP-Tの刺激や冒険を求める性格に共感し、一緒に新しいことや面白いことに挑戦することができます。
また、ESFPやISFPは、ESTP-Tの社交的でフレンドリーな性格に魅力を感じ、一緒に人との交流を楽しむことができます。

一方で、ESTP-Tと相性の悪いタイプは、彼らとは対照的に、直感型で、思考型のタイプです。
彼らは、ESTP-Tの感情的で衝動的な性格に理解を示さず、論理的で合理的に接することがあります。

ESTP-Tの恋愛傾向や特徴

ESTP-Tの恋愛傾向や特徴は、以下のようになります。

  • 恋愛においても、刺激や冒険を求める
  • 気分や感情に左右されやすく、恋愛感情が変わりやすい
  • パートナーに対しても自己評価が厳しく、不安や疑心を抱きやすい
  • パートナーからのフィードバックやサポートを求める
  • パートナーとのコミュニケーションや交流を楽しむ

ESTP-Tは、恋愛においても、刺激や冒険を求めるタイプです。
彼らは、新しい人や場所に出会ったり、楽しいデートをしたりすることを好みます。
また、彼らは、気分や感情に左右されやすく、恋愛感情が変わりやすい傾向があります。
彼らは、自分の気持ちに自信が持てなかったり、パートナーに飽きたりすることがあります。
さらに、彼らは、パートナーに対しても自己評価が厳しく、不安や疑心を抱きやすいです。
彼らは、パートナーが自分を本当に愛しているかどうか、自分がパートナーにとって十分かどうか、常に確認したいと思うことがあります。
そのため、彼らは、パートナーからのフィードバックやサポートを求めることが多いです。
彼らは、パートナーに自分の気持ちや考えを伝えたり、パートナーの気持ちや考えを聞いたりすることで、安心感や信頼感を得たいと思います。
一方で、彼らは、パートナーとのコミュニケーションや交流を楽しむタイプでもあります。
彼らは、パートナーと一緒に楽しいことをしたり、話し合ったりすることで、仲良くなったり、深い関係を築いたりすることができます。

ESTP-Tの適職や職業の向き・不向き

ESTP-Tの適職や職業の向き・不向きは、以下のようになります。

  • ESTP-Tの適職:起業家、営業、マーケティング、コンサルタント、エンジニア、教師、スポーツ選手、芸能人など
  • ESTP-Tの不向きな職業:会計士、弁護士、研究者、作家、図書館員、事務員など

ESTP-Tの適職は、彼らの行動力や柔軟性、コミュニケーション能力などを活かせる職業です。
例えば、起業家や営業やマーケティングなどは、ESTP-Tの特徴である刺激や冒険を求める性格や、現実的で実践的な思考や行動が求められる職業です。
また、コンサルタントやエンジニアや教師などは、ESTP-Tの特徴である柔軟な対応能力や、状況に応じて効果的な解決策を見つける能力が求められる職業です。
さらに、スポーツ選手や芸能人などは、ESTP-Tの特徴である社交性や影響力や、自分の能力を試したり向上させたりする意欲が求められる職業です。

一方で、ESTP-Tの不向きな職業は、彼らの感情的や衝動的な性格や、計画性や継続性の欠如などが障害となる職業です。
例えば、会計士や弁護士や研究者などは、ESTP-Tの特徴とは異なり、細かい作業や長期的な計画や分析が必要な職業です。
また、作家や図書館員や事務員などは、ESTP-Tの特徴とは異なり、単調な作業やルーティーンワークが多い職業です。

ESTP-Tの性格まとめ

ESTP-Tの性格とは、MBTI診断でいうところの「起業家型」の一種です。
ESTP-Tの性格は、MBTIが示すように、「感情の起伏が激しく、自己評価が厳しい」という特徴を持っています。

ESTP-Tの性格は、長所と短所がはっきりと分かれています。
ESTP-Tの長所は、行動力や臨機応変さ、コミュニケーション能力などです。
ESTP-Tの短所は、感情的さや飽き性、無神経さなどです。
ESTP-Tと相性の良いタイプは、彼らと同じ感覚型で、感情型のタイプです。
ESTP-Tと相性の悪いタイプは、彼らとは対照的に、直感型で、思考型のタイプです。
ESTP-Tの恋愛傾向や特徴は、刺激や冒険を求めることや、気分や感情に左右されやすいことなどです。
ESTP-Tの適職や職業の向き・不向きは、彼らの行動力や柔軟性、コミュニケーション能力などを活かせる職業や、感情的や衝動的な性格や、計画性や継続性の欠如などが障害となる職業などです。

MBTI診断は、自分や他人の性格を知ることができる心理学的なツールです。
自分の性格タイプを知ることで、自分の長所や短所を見直し、自分に合った生き方や仕事を選ぶことができます。
また、他人の性格タイプを知ることで、コミュニケーションや相性を改善することができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。