INFJ(提唱者)

INFJの承認欲求はどのように満たされるのか?自分の国と現実の国の関係を理解しよう

INFJとは、MBTIの16タイプの一つで、内向的・直観的・情緒的・判断的な性格の人を指します。INFJは、理想主義で創造的で、人の気持ちに寄り添うことができるタイプです。

しかし、自分の感情を表に出すのが苦手で、自分の世界と現実の世界との間に距離を感じることもあります。

では、INFJの承認欲求はどのように満たされるのでしょうか?

この記事では、INFJの承認欲求の特徴と、自分の国と現実の国の関係を理解することで、承認欲求を満たす方法を分析していきます。

INFJの承認欲求の特徴

承認欲求とは、自分の存在や価値を他人に認めてもらいたいという欲求のことです。承認欲求は、人間の基本的な欲求の一つで、誰にでもあるものです。しかし、承認欲求の強さや満たされ方は、人によって異なります。INFJの承認欲求の特徴には、以下のようなものがあります:

  • 自分の国を認めてほしい:INFJは、自分の理想や感情や価値観を自分の国と呼び、それを大切にします。自分の国は、現実の国とは異なるもので、自分の裁量で定義できます。INFJは、自分の国を認めてもらえることが、最大の承認欲求です。
  • 現実の国には適応する:INFJは、現実の国にも存在していることを認めており、現実の国のルールや常識に従うことができます。INFJは、現実の国での自分の行動や発言や思考が、現実の国の基準に照らし合わされて評価されることを受け入れます。
  • 現実の国には興味がない:INFJは、現実の国にはあまり興味がありません。現実の国での名誉や地位やお金などは、INFJにとってはどうでもいいことです。INFJは、現実の国には冷めた目で見ており、自分の国には熱心に関わっています。

自分の国と現実の国の関係を理解しよう

INFJの承認欲求を満たすためには、自分の国と現実の国の関係を理解することが重要です。自分の国と現実の国の関係には、以下のようなポイントがあります:

  • 自分の国は自分だけのもの:自分の国は、自分だけが作り上げたもので、自分だけが理解できるものです。自分の国を他人に押し付けたり、他人の国を否定したりすることはできません。自分の国は、自分の心の中にあるもので、自分の国を表現する方法は自分で選ぶことができます。
  • 現実の国は多様なもの:現実の国は、多くの人が住んでいるもので、様々なルールや常識や価値観があります。現実の国には、自分の国とは異なるものも多くあります。現実の国を否定したり、自分の国と同じにしようとしたりすることはできません。現実の国は、自分の目で見て学ぶもので、現実の国に適応する方法は自分で探すことができます。
  • 自分の国と現実の国は共存できる:自分の国と現実の国は、別々のものでありながら、共存できるものです。自分の国は、自分の心の中にあるもので、自分の国で自分を満たすことができます。現実の国は、自分の外にあるもので、現実の国で自分を表現することができます。自分の国と現実の国は、お互いに尊重し、寛容になることで、関係を良好に保つことができます。

INFJの承認欲求はどのように満たされるのか?自分の国と現実の国の関係を理解しようまとめ

INFJの承認欲求は、自分の国を認めてもらえることが最大の承認欲求です。

自分の国とは、自分の理想や感情や価値観を自分の裁量で定義できるもので、自分の心の中にあるものです。

現実の国とは、多くの人が住んでいるもので、様々なルールや常識や価値観があるもので、自分の外にあるものです。

INFJは、自分の国と現実の国の関係を理解することで、承認欲求を満たす方法を見つけることができます。

自分の国と現実の国は、別々のものでありながら、共存できるものです。

自分の国と現実の国は、お互いに尊重し、寛容になることで、関係を良好に保つことができます。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。