INFP(仲介者)

INFP(仲介者)は理想主義者なのか?MBTI性格診断で分かるINFPの特徴と生き方

MBTI性格診断とは、人の性格を16種類に分けるもので、自分の強みや弱み、人間関係のコツなどを知ることができます。

MBTI性格診断の中でも、INFP(仲介者)は、理想主義的で優しいで、自分の信念や価値観に忠実です。

INFP(仲介者)は、感情や直感に頼ることができ、自分の内面世界を大切にします。INFP(仲介者)は、理想主義者なのでしょうか?

今回は、INFP(仲介者)に関する以下のポイントについて解説していきます。

  • INFP(仲介者)の基本性格と特徴
  • INFP(仲介者)の長所と短所
  • INFP(仲介者)の生き方と向いている職業
  • INFP(仲介者)の人間関係と恋愛

INFPの頭がおかしいと言われる理由とは?分かりやすく的確に解説

INFP(仲介者)の基本性格と特徴

INFP(仲介者)の基本性格と特徴は、以下のようなものです。

  • 理想主義的で感受性が高い思考:自分の信念や価値観に基づいて物事を考え、美や善を追求します。
  • 内向的で控えめな行動:自分の内面世界に没頭し、周囲に合わせるよりも自分のペースで行動します。
  • 柔軟で創造的な直感:新しいアイデアや可能性に溢れ、物事を独自の視点で捉えます。
  • 感情的で思いやりのある感情:自分や他人の感情に敏感であり、共感や励ましを与えます。

INFP(仲介者)は、理想主義的で感受性が高い思考を持ちます。彼らは、自分の信念や価値観に基づいて物事を考え、美や善を追求します。彼らは、自分の内面世界に没頭し、周囲に合わせるよりも自分のペースで行動します。彼らは、新しいアイデアや可能性に溢れ、物事を独自の視点で捉えます。彼らは、自分や他人の感情に敏感であり、共感や励ましを与えます。INFP(仲介者)は、自己表現と個人の価値観に非常に敏感であり、自分の内面世界を大切にします。

INFP(仲介者)の長所と短所

INFP(仲介者)の長所と短所は、以下のようなものです。

  • 長所
    • 創造力が豊かで、独創的なアイデアや作品を生み出すことができる
    • 感性が豊かで、美や芸術に対する感受性が高い
    • 思いやりが深く、人の気持ちに寄り添うことができる
    • 忠実で誠実で、自分の信念や価値観に従うことができる
    • 柔軟で適応力があり、変化に対応することができる
  • 短所
    • 現実的でなく、理想と現実のギャップに苦しむことがある
    • 内向的で控えめで、自分の意見や感情を表に出すのが苦手なことがある
    • 決断力が低く、迷いや後悔を抱えることがある
    • 自己犠牲的で、自分の欲求や感情を抑えたり、他人のために無理をしたりすることがある
    • 散漫で計画性がなく、物事を先延ばしにしたり、やりかけのままにしたりすることがある

INFP(仲介者)の生き方と向いている職業

INFP(仲介者)の生き方と向いている職業は、以下のようなものです。

  • 生き方
    • 自分の理想や目標に向かって努力し、自分の成長や幸せを追求する
    • 自分の感性や創造力を活かして、自己表現や個人の価値観を大切にする
    • 自分や他人の感情に敏感に察することで、共感や励ましを与える
    • 自分の信念や価値観に従って、誠実に行動する
    • 新しいアイデアや可能性に開かれて、柔軟に対応する
  • 向いている職業
    • 芸術家や音楽家など、自分の感性や創造力を発揮できる職業
    • 作家や編集者など、自分の言葉や思考を表現できる職業
    • カウンセラーや心理学者など、人の気持ちに寄り添える職業
    • 教師や社会福祉士など、人の成長や幸せを支援できる職業
    • 研究者や発明家など、新しい知識や技術に興味を持てる職業

INFP(仲介者)の人間関係と恋愛

INFP(仲介者)の人間関係と恋愛は、以下のようなものです。

  • 人間関係
    • 深い信頼関係や心の繋がりを重視する
    • 少数の親しい友人や家族との関係を大切にする
    • 人の気持ちに敏感に察することで、共感や励ましを与える
    • 自分の意見や感情を表に出すのが苦手なことで、誤解されたり、孤立したりすることがある
    • 自分の価値観に合わない人や環境に対して、拒絶したり、逃避したりすることがある
  • 恋愛
    • 一途で忠実な恋愛をする
    • 恋人に対して深い愛情と理解を示す
    • 恋人の夢や目標を応援する
    • 恋人との心の繋がりを重視する
    • 恋人に対して高い期待と要求を持つことがある
    • 恋人に対して自己犠牲的になりやすいことがある
    • 恋人に対して不満や不安を隠しやすいことがある
    • 恋人に対してドアスラムをする可能性がある

INFP(仲介者)は、人間関係において深い信頼関係や心の繋がりを重視します。彼らは、少数の親しい友人や家族との関係を大切にし、人の気持ちに敏感に察することで、共感や励ましを与えます。しかし、INFP(仲介者)は、自分の意見や感情を表に出すのが苦手なことで、誤解されたり、孤立したりすることがあります。また、INFP(仲介者)は、自分の価値観に合わない人や環境に対して、拒絶したり、逃避したりすることがあります。これは、INFP(仲介者)が自分の内面世界を守るための反応であり、他人を傷つけるつもりはありません。

INFP(仲介者)は、恋愛において一途で忠実な恋愛をします。彼らは、自分の恋人に対して浮気や裏切りをすることはありません。また、自分の恋人に対して深い愛情と理解を示します。彼らは、恋人の感情や考えに敏感に察することができ、共感や励ましを与えます。さらに、自分の恋人の夢や目標を応援します。彼らは、恋人の成長や幸せを願い、一緒に努力することができます。そして、自分の恋人との心の繋がりを重視します。彼らは、恋人との深い会話や信頼関係を大切にし、恋人との時間を楽しみます。しかし、INFP(仲介者)は、恋人に対して高い期待と要求を持つことがあります。彼らは、自分の理想や価値観に合わない恋人に対して、不満や不安を感じることがあります。また、INFP(仲介者)は、恋人に対して自己犠牲的になりやすいです。彼らは、恋人のために自分の欲求や感情を抑えたり、自分の時間や趣味を犠牲にしたりすることがあります。さらに、INFP(仲介者)は、恋人に対して不満や不安を隠しやすいです。彼らは、自分の感情や本音を表に出すのが苦手で、恋人に迷惑をかけたくないと思うことがあります。そして、INFP(仲介者)は、恋人に対してドアスラムをする可能性があります。ドアスラムとは、INFP(仲介者)が自分の感情や信頼を裏切られたと感じたときに、相手との関係を突然切ることです。これは、INFP(仲介者)が自分を守るための最後の手段であり、一度ドアスラムをされたら、もう二度と関係を修復することは難しいです。

INFP(仲介者)は理想主義者なのか?MBTI性格診断で分かるINFPの特徴と生き方まとめ

INFP(仲介者)は理想主義者なのか?MBTI性格診断で分かるINFPの特徴と生き方を解説しました。INFP(仲介者)は、理想主義的で優しいで、自分の信念や価値観に忠実です。

INFP(仲介者)は、感情や直感に頼ることができ、自分の内面世界を大切にします。

INFP(仲介者)の長所と短所、生き方と向いている職業、人間関係と恋愛についても紹介しました。

INFP(仲介者)の特徴や強みを理解し、適した役割や活動に活かすことが重要です。

INFP(仲介者)の性格に関心のある方は、ぜひMBTI性格診断をしてみてください。

自分のタイプや相性を知ることで、自分の理想や目標に近づくことができるかもしれません。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。