ISTP(巨匠)

ISTP-aの相性は?自分らしく生きるために大事なことについて徹底解説!

ISTP-aは、MBTIという心理学的ツールで分類される16種類の性格タイプの一つです。

ISTP-aは、「巨匠」とも呼ばれ、物事に対して好奇心旺盛で冷静な分析力を持つタイプです。ISTP-aは、自分のペースで物事を進めるのが好きで、束縛や干渉を嫌う個人主義者です。ISTP-aは、感情を表に出すのが苦手で、他人の感情にも鈍感な傾向があります。ISTP-aは、自己肯定感が高いため、自分に自信を持ち、ストレスに強いタイプです。

この記事では、ISTP-aの相性について、恋愛や友人、職場などの場面で分析していきます。

ISTP-aの相性について(恋愛の相性)

ISTP-aの相性について(恋愛の相性)

ISTP-aは、恋愛においては、自分の感情を素直に伝えるのが苦手なため、相手に不安や不満を与えてしまうことがあります。また、自分の自由やプライバシーを守りたいため、相手に依存されることや束縛されることを嫌います。そのため、ISTP-aと恋愛関係になるには、相手に対して信頼感や尊敬感を持ち、自分の感情や考えを率直に伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-aと恋愛の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ENFP:ワクワクを追い求める海賊王
  • ENTP:創造と革新を目指す起業家
  • INTP:知性の探求者
  • ESTJ:使命感に燃える仕切り屋
  • INFJ:静かな理想主義者

これらのタイプは、ISTP-aと共通する点や補完する点が多く、互いに刺激し合うことができます。ENFPやENTPは、ISTP-aの好奇心や冒険心を引き出し、楽しく刺激的な関係を築けます。INTPやINFJは、ISTP-aの分析力や論理性を尊重し、深い会話を楽しめます。ESTJは、ISTP-aの自由度や柔軟性を認めつつ、計画性や責任感を持ってサポートしてくれます。

ISTP-aの相性について(友人の相性)

ISTP-aの相性について(友人の相性)

ISTP-aは、友人においては、自分と同じ趣味や興味を持つ人と仲良くなりやすいです。また、自分のペースやプライバシーを尊重してくれる人とも相性が良いです。ISTP-aは、友人との付き合いにおいても、感情を表に出すのが苦手なため、相手に冷たい印象を与えてしまうことがあります。そのため、ISTP-aと友人関係になるには、相手に対して親しみや信頼を持ち、自分の感情や考えをオープンに伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-aと友人の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ESFP:感性豊かなお調子者
  • ISTP:スリルを求める単独主義者
  • ISFP:職人肌の平和主義者
  • ISTJ:クールで真面目な努力家
  • INFP:理想を追い求めるアーティスト

これらのタイプは、ISTP-aと共通する点や補完する点が多く、互いに楽しく過ごすことができます。ESFPやISFPは、ISTP-aの感覚や感性を引き出し、楽しく刺激的な関係を築けます。ISTPやISTJは、ISTP-aの分析力や論理性を尊重し、深い信頼関係を築けます。INFPは、ISTP-aの現実感覚や冷静さを認めつつ、理想や夢を持ってサポートしてくれます。

ISTP-aの相性について(職場の相性)

ISTP-aの相性について(職場の相性)

ISTP-aは、職場においては、自分の能力やスキルを発揮できる仕事や環境を好みます。また、自分のペースや自由度を尊重してくれる上司や同僚とも相性が良いです。ISTP-aは、職場においても、感情を表に出すのが苦手なため、相手に無関心や無責任な印象を与えてしまうことがあります。そのため、ISTP-aと職場関係になるには、相手に対して尊敬感や信頼感を持ち、自分の感情や考えを適切に伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-aと職場の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ENTJ:主導権を握るリーダー
  • INTJ:独創的なアイデアマン
  • ENFJ:人を励ますコミュニケーター
  • ESFJ:世話好きな頑張り屋
  • ISFJ:お人好しな縁の下の力持ち

これらのタイプは、ISTP-aと共通する点や補完する点が多く、互いに協力し合うことができます。ENTJやINTJは、ISTP-aの能力やスキルを評価し、目標や方針を明確に示してくれます。ENFJやESFJは、ISTP-aの感情や考えを理解し、気遣いや励ましをしてくれます。ISFJは、ISTP-aの自由度や柔軟性を認めつつ、細やかなサポートをしてくれます。

【ISTP-aの相性について】自分らしく生きるために大事なこと

ISTP-aと自分らしく生きるためには、以下のようなことに注意すると良いでしょう。

  • ISTP-aの長所や短所を自覚する
  • ISTP-aの興味や関心を追求する
  • ISTP-aの感情や考えを表現する
  • ISTP-aの信念や価値観を尊重する
  • ISTP-aの冒険心や探求心を満たす
  • ISTP-aの自己肯定感や自信を高める
  • ISTP-aのストレスや不安を解消する

ISTP-aは、自分の長所や短所を自覚することで、自分の得意なことや苦手なことを理解し、自分に合った生き方や働き方を選ぶことができます。また、自分の興味や関心を追求することで、自分の能力やスキルを発揮し、やりがいや充実感を得ることができます。さらに、自分の感情や考えを表現することで、自分の気持ちや思いを伝えることができ、他人とのコミュニケーションや関係性を改善することができます。一方で、自分の信念や価値観を尊重することで、自分の意見や判断を貫くことができ、自分のやりたいことやなりたいことを実現することができます。また、自分の冒険心や探求心を満たすことで、自分の好奇心やチャレンジ精神を刺激し、新しいことや面白いことに挑戦することができます。さらに、自分の自己肯定感や自信を高めることで、自分の価値や能力を認めることができ、自分に自信を持って生きることができます。一方で、自分のストレスや不安を解消することで、自分の心身の健康を保つことができ、リラックスやリフレッシュをすることができます。

ISTP-aの相性は?自分らしく生きるために大事なことについて徹底解説!まとめ

ISTP-aの性格や特徴について、恋愛や友人、職場などの場面で分析しました。

また、自分らしく生きるために大事なことも紹介しました。ISTP-aは、現実的で解析的な思考を持つ性格タイプです。彼らは好奇心旺盛で、物事の仕組みを理解しようと努めるため、しばしば技術やメカニズムに強い関心を持ちます。ISTP-aは柔軟で適応能力が高く、現実的な問題解決に優れています。独立心が強く、自分のペースで物事を進めることを好みます。ISTP-aは、自己肯定感が高く、自分に自信を持ち、ストレスに強いタイプです。

ISTP-aの方は、ぜひISTP-aの性格や特徴について参考にしてみてください。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)