ISFP(冒険家)

ISTPタイプの愛情表現とは?相手の気持ちを読み取るコツについて徹底解説!

ISTPタイプは、MBTIの16タイプの中でも、最も感情を表に出さないタイプの一つです。

彼らは、自分の内面を他人に見せることに抵抗があり、愛情表現も控えめでシンプルなものになりがちです。しかし、それは彼らが愛情を持っていないということではありません。ISTPタイプは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプなのです。

では、ISTPタイプの愛情表現とはどのようなものなのでしょうか?また、ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、ISTPタイプの特徴や恋愛傾向、愛情表現のパターン、相手の気持ちを読み取るコツなどを紹介します。

ISTPタイプの特徴と恋愛傾向

ISTPタイプは、内向的思考型現実主義者と呼ばれるタイプです。彼らは、自分の頭で物事を分析し、論理的に判断することが得意です。彼らは、現実的で合理的な考え方を持ち、目に見える事実やデータに基づいて行動します。彼らは、自分の興味や関心に従って自由に生きることを好み、束縛や制約を嫌います。彼らは、冒険心や好奇心が強く、新しいことに挑戦することを楽しみます。

ISTPタイプは、恋愛においても、自分の感情よりも相手の行動や態度を重視します。彼らは、言葉や態度で愛情を示すことが苦手で、自分から積極的にアプローチすることも少ないです。彼らは、相手の本質や価値観を見極めることが重要だと考えます。彼らは、自分と同じように自由に生きることができる相手や、自分の興味や趣味に理解がある相手に惹かれます。彼らは、相手に対して忠実で尊重することはしますが、甘えたり依存したりすることはしません。彼らは、相手にも自分と同じように自立していることを求めます。

ISTPタイプの愛情表現のパターン

ISTPタイプは、感情を表に出さないタイプなので、愛情表現も控えめでシンプルなものになりがちです。しかし、それは彼らが愛情を持っていないということではありません。ISTPタイプは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプなのです。以下に、ISTPタイプの愛情表現のパターンをいくつか紹介します。

1. 相手のために何かをする

ISTPタイプは、言葉よりも行動で愛情を示すタイプです。彼らは、相手のために何かをすることで、自分の気持ちを伝えます。例えば、相手の好きなものを買ってきたり、相手の困ったことを手伝ったり、相手の興味や趣味に合わせて一緒に遊んだりします。彼らは、相手の喜ぶ顔や感謝の言葉を見ることで、自分の愛情が伝わったと感じます。

2. 相手に自分のことを話す

ISTPタイプは、自分の内面を他人に見せることに抵抗があります。彼らは、自分の感情や考え方をあまり話さないタイプです。しかし、彼らが相手に愛情を持っている場合、相手に自分のことを話すことで、自分の気持ちを伝えます。例えば、自分の過去や夢や悩みなど、普段は話さないようなことを話したり、自分の意見や考え方を正直に話したりします。彼らは、相手に自分のことを理解してもらうことで、自分の愛情が伝わったと感じます。

3. 相手にスキンシップをする

ISTPタイプは、感情を表に出さないタイプなので、スキンシップもあまりしないタイプです。彼らは、相手に触れることに慣れていないか、恥ずかしがるか、不必要だと思うかのどれかです。しかし、彼らが相手に愛情を持っている場合、相手にスキンシップをすることで、自分の気持ちを伝えます。例えば、相手の手を握ったり、相手の髪を撫でたり、相手にキスをしたりします。彼らは、相手に触れることで、自分の愛情が伝わったと感じます。

ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るコツ

ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るには、以下のようなコツがあります。

1. 相手の行動や態度に注目する

ISTPタイプは、自分の感情よりも相手の行動や態度を重視します。彼らは、言葉や態度で愛情を示すことが苦手で、自分から積極的にアプローチすることも少ないです。しかし、彼らは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプです。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手のために何かをしたり、相手に自分のことを話したり、相手にスキンシップをしたりします。これらの行動や態度に注目することで、相手の気持ちを読み取ることができます。

2. 相手の本質や価値観に共感する

ISTPタイプは、相手の本質や価値観を見極めることが重要だと考えます。彼らは、自分と同じように自由に生きることができる相手や、自分の興味や趣味に理解がある相手に惹かれます。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手の本質や価値観に共感したり、相手の興味や趣味に関心を持ったりします。これらの本質や価値観に共感することで、相手の気持ちを読み取ることができます。

3. 相手との時間や空間を大切にする

ISTPタイプは、自分の興味や関心に従って自由に生きることを好みます。彼らは、束縛や制約を嫌います。彼らは、自分の時間や空間を大切にします。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手との時間や空間も大切にします。彼らは、相手と一緒にいるときは、相手に集中したり、相手に気配りしたりします。彼らは、相手と離れているときは、相手に連絡したり、相手のことを考えたりします。これらの時間や空間を大切にすることで、相手の気持ちを読み取ることができます。

ISTPタイプの愛情表現とは?相手の気持ちを読み取るコツについて徹底解説!まとめ

ISTPタイプは、感情を表に出さないタイプなので、愛情表現も控えめでシンプルなものになりがちです。

しかし、それは彼らが愛情を持っていないということではありません。

ISTPタイプは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプです。

彼らの愛情表現のパターンは、相手のために何かをする、相手に自分のことを話す、相手にスキンシップをするなどです。

ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るには、相手の行動や態度に注目する、相手の本質や価値観に共感する、相手との時間や空間を大切にするなどのコツがあります。

ISTPタイプの相手にとって、あなたは自分と同じように自由に生きることができるパートナーです。

彼らの愛情表現に気づいて、彼らの気持ちに応えてあげましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。