ISTP(巨匠)

ISTP-tの相性は?より良い関係を築くために大事なことについて徹底解説!

ISTP-tは、MBTIという心理学的ツールで分類される16種類の性格タイプの一つです。

ISTP-tは、「巨匠」とも呼ばれ、物事に対して好奇心旺盛で冷静な分析力を持つタイプです。ISTP-tは、自分のペースで物事を進めるのが好きで、束縛や干渉を嫌う個人主義者です。ISTP-tは、感情を表に出すのが苦手で、他人の感情にも鈍感な傾向があります。ISTP-tは、神経性が高いため、否定的な感情になりやすく、ストレスを抱えやすいタイプです。

この記事では、ISTP-tの相性について、恋愛や友人、職場などの場面で分析していきます。

ISTP-tの相性について(恋愛の相性)

ISTP-tの相性について(恋愛の相性)

ISTP-tは、恋愛においては、自分の感情を素直に伝えるのが苦手なため、相手に不安や不満を与えてしまうことがあります。また、自分の自由やプライバシーを守りたいため、相手に依存されることや束縛されることを嫌います。そのため、ISTP-tと恋愛関係になるには、相手に対して信頼感や尊敬感を持ち、自分の感情や考えを率直に伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-tと恋愛の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ENFP:ワクワクを追い求める海賊王
  • ENTP:創造と革新を目指す起業家
  • INTP:知性の探求者
  • ESTJ:使命感に燃える仕切り屋
  • INFJ:静かな理想主義者

これらのタイプは、ISTP-tと共通する点や補完する点が多く、互いに刺激し合うことができます。ENFPやENTPは、ISTP-tの好奇心や冒険心を引き出し、楽しく刺激的な関係を築けます。INTPやINFJは、ISTP-tの分析力や論理性を尊重し、深い会話を楽しめます。ESTJは、ISTP-tの自由度や柔軟性を認めつつ、計画性や責任感を持ってサポートしてくれます。

ISTP-tの相性について(友人の相性)

ISTP-tの相性について(友人の相性)

ISTP-tは、友人においては、自分と同じ趣味や興味を持つ人と仲良くなりやすいです。また、自分のペースやプライバシーを尊重してくれる人とも相性が良いです。ISTP-tは、友人との付き合いにおいても、感情を表に出すのが苦手なため、相手に冷たい印象を与えてしまうことがあります。そのため、ISTP-tと友人関係になるには、相手に対して親しみや信頼を持ち、自分の感情や考えをオープンに伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-tと友人の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ESFP:感性豊かなお調子者
  • ISTP:スリルを求める単独主義者
  • ISFP:職人肌の平和主義者
  • ISTJ:クールで真面目な努力家
  • INFP:理想を追い求めるアーティスト

これらのタイプは、ISTP-tと共通する点や補完する点が多く、互いに楽しく過ごすことができます。ESFPやISFPは、ISTP-tの感覚や感性を引き出し、楽しく刺激的な関係を築けます。ISTPやISTJは、ISTP-tの分析力や論理性を尊重し、深い信頼関係を築けます。INFPは、ISTP-tの現実感覚や冷静さを認めつつ、理想や夢を持ってサポートしてくれます。

ISTP-tの相性について(職場の相性)

ISTP-tの相性について(職場の相性)

ISTP-tは、職場においては、自分の能力やスキルを発揮できる仕事や環境を好みます。また、自分のペースや自由度を尊重してくれる上司や同僚とも相性が良いです。ISTP-tは、職場においても、感情を表に出すのが苦手なため、相手に無関心や無責任な印象を与えてしまうことがあります。そのため、ISTP-tと職場関係になるには、相手に対して尊敬感や信頼感を持ち、自分の感情や考えを適切に伝えることが大切です。また、相手の感情やニーズにも敏感に察知し、思いやりや配慮を示すことも重要です。ISTP-tと職場の相性が良いとされるタイプは、以下のようになります。

  • ENTJ:主導権を握るリーダー
  • INTJ:独創的なアイデアマン
  • ENFJ:人を励ますコミュニケーター
  • ESFJ:世話好きな頑張り屋
  • ISFJ:お人好しな縁の下の力持ち

これらのタイプは、ISTP-tと共通する点や補完する点が多く、互いに協力し合うことができます。ENTJやINTJは、ISTP-tの能力やスキルを評価し、目標や方針を明確に示してくれます。ENFJやESFJは、ISTP-tの感情や考えを理解し、気遣いや励ましをしてくれます。

【ISTP-tの相性】より良い関係を築くために大事なこと

ISTP-tとより良い関係を築くためには、以下のようなことに注意すると良いでしょう。

  • ISTP-tのペースやプライバシーを尊重する
  • ISTP-tの感情や考えを受け入れる
  • ISTP-tの興味や関心に共感する
  • ISTP-tの信念や価値観を理解する
  • ISTP-tの能力やスキルを認める
  • ISTP-tの冒険心や探求心を応援する
  • ISTP-tのネガティブな感情に寄り添う
  • ISTP-tのストレスを軽減する

ISTP-tは、自分のペースやプライバシーを尊重してくれる人と相性が良いです。束縛や干渉を嫌うので、相手にも自由にさせてあげることが大切です。また、感情を表に出すのが苦手なので、相手にも自分の感情や考えを受け入れてもらいたいと思っています。相手が自分の興味や関心に共感してくれたり、信念や価値観を理解してくれたりすると、親近感や信頼感が高まります。さらに、能力やスキルを認めてくれたり、冒険心や探求心を応援してくれたりすると、やる気や自信が湧きます。一方で、神経性が高いので、否定的な感情になりやすく、ストレスを抱えやすいです。そのため、相手が自分のネガティブな感情に寄り添ってくれたり、ストレスを軽減してくれたりすると、安心感や感謝感が高まります。

ISTP-tの相性は?より良い関係を築くために大事なことについて徹底解説!まとめ

ISTP-tの性格や特徴について、恋愛や友人、職場などの場面で分析しました。

また、より良い関係を築くために大事なことも紹介しました。

自分の理想やビジョンに向かって情熱的に行動する理想主義者です。

他人の気持ちや感情を敏感に察知し、共感や思いやりを持って接します。

自分の内面をあまり表に出さないため、神秘的で深い印象を与えます。

自分の信念や価値観に基づいて行動し、社会や世界に良い変化をもたらそうとします。

ISTP-tの方は、ぜひISTP-tの性格や特徴について参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)