ISTP(巨匠)

ISTPは頭悪い?なぜそんなことを言われるのか徹底解説!

ISTPという性格タイプをご存知でしょうか?ISTPは、16パーソナリティという性格診断におけるタイプのひとつで、内向的・感覚的・思考的・知覚的という特徴を持っています。

ISTPは、現実的で合理的な思考を持ち、手に職を持つことや実践的な活動に傾倒している人たちです。

しかし、ISTPは、自分の思考や感情を他人に対して積極的に表現することが少ないため、誤解されることがあります。

中には、「ISTPは頭が悪い」というような偏見を持つ人もいるかもしれません。

これは大きな誤解であり、ISTPは自分の得意な分野で優れた能力を発揮することができます。

では、なぜISTPは頭が悪いと言われるのでしょうか?

また、ISTPは本当に頭が悪いのでしょうか?

この記事では、ISTPの性格について徹底解説します。

ISTPの強みや弱み、向いている職業や恋愛傾向など、ISTPの魅力を知ることができます。

ISTPの方も、ISTP以外の方も、ぜひ最後までお読みください。

ISTPは頭が悪いと言われる理由①学の成績が悪いこと

ISTPは頭が悪いと言われる理由①校の成績が悪いこと

ISTPは、自分の興味や関心のあることには集中力と熱意を持って取り組みますが、そうでないことにはほとんど関心を示しません。

学校の勉強は、ISTPにとっては興味のないことが多いでしょう。

抽象的な概念や理論に基づく科目は、ISTPの得意とする分野ではありません。

ISTPは、現実的で実用的なことに感心し、考えることができます。

また、ISTPは規則や権威に反発する傾向があるので、学校のルールや教師の指示に従うことが苦手です。

これらの理由から、ISTPは学校の成績が悪いことがあるかもしれません。

しかし、これはISTPの頭の良さを測る指標ではありません。

ISTPは、自分の得意な分野では高い能力を発揮することができます。

例えば、ISTPは、エンジニアや整備士、パイロット、医師、建築家、写真家など、実践的なスキルや知識が必要な職業に向いています。

ISTPは、自分の興味のあることには深く没頭し、独創的なアイデアや解決策を見つけることができます。

ISTPは、頭の回転が速く、直感的かつ実践的な問題解決が得意です。

ISTPは、自分の目で見たり手で触ったりしながら、物事の仕組みや原理を理解するのが好きです。

ISTPは、現実的で合理的な思考をする人たちです。

ISTPは頭が悪いと言われる理由②抽象的な概念や理論に興味がない

ISTPは頭が悪いと言われる理由②抽象的な概念や理論に興味がない

ISTPの性格の特徴

まずは、ISTPの性格の特徴について見ていきましょう。ISTPは、以下のような性格的側面を持っています。

  • 現実的で合理的な思考をする
  • 好奇心旺盛で物事の仕組みや原理を理解するのが好き
  • 実践的なスキルや知識を重視する
  • 自己独立と自由を重視する
  • 新しい体験や冒険を求める
  • 直感的かつ実践的な問題解決が得意
  • 感情的な配慮や気軽なおしゃべりが苦手
  • 率直なコミュニケーションを取る
  • 飽きっぽくて長期的なコミットメントが苦手
  • 規則や権威に反発する

ISTPは、自分の目で見たり手で触ったりしながら、自分の周りの世界を探索するのが大好きな人たちです。創作の才能があるので、プロジェクトを転々としながら周囲の環境から学び、遊び半分に役立つものや不要なものを作り上げたりするのを楽しみます。エンジニアや整備士として何かを分解して、以前より少し良い形に再度組み立てることに極めて大きな喜びを感じるでしょう。

ISTPは、現実主義に基づいて意思決定をする上に、公正さ——つまり「人にしてもらいたいと思うことをあなたも人にしなさい」という姿勢——を非常に大事にする人たちです。

自分が不快な思いをしたくないので、人の感情を損ねないようにする——このように過度に用心深くなるのではなく、いい意味でも悪い意味でも相手からの仕返しはフェアなものとして受け入れるタイプなので、別の意味でやり過ぎでもあります。

ISTPにとって最大の難関は、自分の寛大な性分を当たり前のものと考え、周りの人も同様に寛大だと思い込んで身軽に行動し過ぎてしまうことです。

無神経な冗談を言ったり、他の人のプロジェクトに深入りし過ぎたり、ばか騒ぎをして遊んだり、もっと面白いことを見つけたからといって急に計画を変えたり——巨匠はこのようなことを真っ先にするタイプです。

規則に従わないことも多く、権威や伝統に反発することもあります。

ISTPは頭悪いに関するSNS投稿

  • istp口が悪い istp観察力があるので他人の行動をよく見ている。 分析力も高いので「こうした方がいいのに」と思っている。 しかし面倒なので他人の行動に口出ししない。 結果、の中でよく文句を言っている。 気を許した人の前だと文句をそのままたれ流すので口が悪くなる。
  • ISTPが悪くて性格も悪いらしい こんなやつ社会に戻しちゃダメだし家から出ないべき またニートでいる事の言い訳ができてしまった
ABOUT ME
執筆者・監修者TOBI
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMPTIの診断結果はINFJ(提唱者) MPTI合同会社代表取締役。